tamo*memo

日本のスタートアップ市場の発展に何かしら寄与したいタモという人間のブログ

フラミンゴによるカフェ英会話ログ 4 日目(口コミ・レビュー)

フラミンゴ

外国語を教えたい外国人の先生と、外国語を教わりたい生徒をマッチングするアプリ。マッチングした後は近所のカフェで外国語の会話授業を行う。

Teacher

  • 国籍 : ポーランド
  • 値段 : 3,000円/時

準備

意識して使うフレーズをいくつか準備。フレーズは youtube のビデオを見て拝借。

"planty of"

www.youtube.com

話した内容とボキャブラリ

この先生とのレッスンは 3 回目。

天気の話。東京に比べてポーランドは気温、湿度が低く、風もある(breeze )。 熱中症(heat stroke)に気をつけて。

フラミンゴの話。この先生の授業はアプリ上 3000 円。フラミンゴがシステム利用料として生徒から 500 円をとる。その差分 2500 円が先生のもとに。ここまでは普通の話だが、優良な先生はボーナスとして 1000 円プラスされる。3500 円を先生に払うとするとフラミンゴ側は 500 円の赤字。赤字掘って優良な先生のロイヤリティーを上げているように見えたので非常に興味深かった。その話の延長でビザ取得のために信頼を獲得できる何か(trustworthy)もらえるといいですねという話をした。

room sharing の話。自分が先生にルームシェア・シェアハウス経験があるかを聞いたら、彼がたくさんの経験を持っていた。シェアハウスは値段は安いが、事前に内見できない場合があるのでハズレくじを引く可能性がある。クレイグスリストの話もしてみたが、写真だけだと良いよいうに見えたり不完全(sketchy)だから気をつけた方が良いとのこと。 あとちなみに海外でいうマンション(mansion)は大豪邸的な意味になるので、一般的な賃貸は apartment というのが自然とのこと。

感想とネクストアクション

個人的に興味があったフラミンゴのビジネスモデルの話、タイミング的に考えていたサンフランシスコでどこに住もうかという話から話が膨らんで、1時間は結構あっという間な感じでした。海外の人の経験を聞くのは楽しいですね!

映画の話もしようと思っていたのですが、今日はできず。話題がなくなったらふらっと振ってみようと思います。

招待コードを入力するとポイントがもらえるようなので、興味がある人は使ってみてください!

11T34VKQ